Audacity で、音声データの自動分割 半自動だけど便利 (^^)

パソコン・インターネット

ひとつのファイルとなった、音声データを Mac 標準装備の GarageBand で手動で分割する方法は以前記事にしたのですが

自動でやってくれるものないかなぁー と探していたら・・先人の皆さんが昔からよく使っているソフトウエア Audacity オーダシティ Windows Mac Linuxで動作します

あー このアイコン知ってる 入れたこともあるなぁー これ昔からあって 調べたら2000年に初リリースされていました 高機能なんだけれど、どうも良く分からなくて ディスクの肥やしになっていたなぁー (^^ゞ

最新は 現時点で Ver.3.1.2で 大幅にアップされていますが、目的の無音検知がメニューに残っている Ver. 2.4.2という古いバージョンをダウンロードしてきました Ver.3.X.Xでもできるようですが、よく分からなかったで、古いのを使い始めました (^^ゞ

Audacity Ver. 2.4.2や 古いバージョンは 公式サイトによれば FossHubでダウンロードできるよ と書いてありましたので、そこで 探してダウンロードしました

Audacity Ver. 2.4.2 Mac

Audacity Ver. 2.4.2 Windows

Photo
インストールは例によって簡単 立ち上げて、1ファイルになっている 音声mp3ファイルを読み込んでみました AC3などの高音質ファイルは FFmpeg をインストールすれば 利用可能です Macでの FFmpeg のセットは モフPさんのサイトが参考になります (^^)

【Mac】AudacityにFFmpegプラグインを追加する方法

Photo

読み込んだら 処理対象を指定する ということで 全てを選択します

背景色が変わり 全選択されました

Command + A Mac

CTRL + A Windows

Photo

メニューバーの <解析> を押してプルダウンから <無音の検出> を選択

Photo
無音部分 としてラベルを付けてくれるのですが、オプションが3つで調整可能です

上から

1.無音部分 ですよ と判断してもらう 音の音量レベル

私は -60dBとかなり小さな音としています 次が

2.その無音とした状態がどれくらいの時間続いたら 無音部分とするかの設定

ここは、そのファイルによりますが 1.25秒としていることが多いのですが、1秒以下の無音で分割したい場合には この数値を 0.8秒とか 小さくして調整することになります

3.区切り部分の頭の無音部分をどれくらいにするかで、ここはデフォルトのままにしています

で、OKボタンを押します ポチ

Photo

1時間位の長さのデータでも、0.5秒位で完了します

Photo
ステレオの2つのトラックの下に ラベルトラックが追加されました デフォルトでは Sという名前が付けられています Audacityが面白いのは 音声を実際にはカット 分割しない というスタイル 実に合理的 最初どうも分からなかったけれど。。。(^^ゞ

余分なSラベルを右クリックして消去したり マウスで波形をドラッグして <編集> – <ラベル> でラベルを新たに追加したりできます

Photo

そして 仕上げとして 必要なら 音量を問題のない範囲で 増幅する処置をしています これもなかなかグッド

例によって 全選択した状態で メニューバーの <エフェクト>を選んでプルダウンから <増幅>を選択します
Photo
すると 選択範囲を解析してくれて 最適な増幅率が表示されます これでよければ そのままOKボタン

Photo

1時間程度のデータだと わたしのマシンの場合 10秒ほどで完了し、波形が目一杯になりました (^^)

Photo

で、確認して これで良ければ メニューバーの <ファイル> – <書き出し> – <複数ファイルの書き出し>を選択すると・・・

Photo

左下の ファイル分割基準 をラベル を選択します あとはデフォルトで良いかと思います

Photo

そうすると 先頭のラベル部分から ひとつづつ こんなダイアログが出てきますの、必要事項を記述すると メタデータとして書き込まれます

Photo

ラベリングした部分ごとに 書き出しが始まります

ファイル名は S.mp3  , S-2.mp3  , S-3.mp3 てな感じですが

メタデータに書き込まれているので iTunesというか Macの ミュージック などに読み込ませれば ちゃんと 付けた曲名とかが付きます

そんな感じ (^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました